出会い系アプリでマッチングしたのに進展しない5つの重要ポイント

男磨き

 

出会い系アプリのマッチングが進展しない人「出会い系アプリを登録して、お気に入りの女の子ともマッチングできたのにそれから先がぜんぜん進まない。返信の数もだんだんと減ってきたりで明るい未来が見えません…楽しくやり取りをしてデートなんかもしたいのにやり方がわからなくなりました。なにか間違っているのでしょうか?具体的な方法や間違いを教えてください。」

 

そんな悩みを解決していきます。

 

本記事のテーマ

出会い系アプリでマッチングしたのに進展しない方の改善方法

 

 

出会い系アプリでマッチングを進めるポイント

・的外れな質問は絶対にダメ
・コミュニケーションの大切さ
・空気を読んだ会話(NGワード)
・興奮しないで冷静に会話する
・男らしさと強引さは別モノ

 

 

メールのやり取りの重要性

私は出会い系アプリなどのメールでのやり取り(会ってお喋りができない時)には、いつもより「ていねい」「慎重」「わかりやすく」「気遣い」「ストレスを減らす」などのコトを気にしています。

お互いに相手の表情など、顔を見てしゃべれないぶんメールだけでお互いが気に入るというコトは難しいコトなんです。でも、ちょっとした工夫で女性の好感度を上げることに成功できています。

 

読者さんへの応援メッセージ

この記事では「出会い系アプリを登録して、お気に入りの女の子ともマッチングできたのにそれから先がぜんぜん進まないよ~」という方に向けて書いてみました。

 

この記事を読むと「出会い系アプリでマッチングした女性と仲を深めてデートができるようになるメールのやり取り。その目標設定ラインやNG行為・考え方、さらには今後の女性との付き合い方」までがイメージできるようになると思います。

 

実は、私も出会い系アプリをやり始めた頃は「せっかく出会い系アプリでお気に入りの女性とマッチングできたのにどうして先に進まないんだろうなぁ…」と悩む日々がありました。

 

そんな時に知った「女性とのメールでのやり取りのコツ&ポイント」に助けられ、順調にデートを重ねることができました。そんな必殺技に感謝しつつも伝授していきますね。

 

それではさっそく見ていきましょう~。

 

出会い系アプリでマッチングしたのに進展しない5つの原因

 

この記事を読んでいただいている方はおそらくですが、そんなに女性経験もなく、女性との会話ややり取りがあまり得意ではない方じゃないでしょうか。

 

でも大丈夫、そんな男性がしてしまいがちな「失敗」や「勘違い」の具体例を出して解説していきます。

 

あなたは出会い系アプリを登録してお気に入りの女性とマッチングすることに成功しました。その難関をクリアできたのにその先になかなか進むことができません。

 

それは「デートの約束を取り付けるためのやり取り」がうまくいってないからなんです。今回はそこにフォーカスしていきます。

 

出会い系アプリでお気に入りの女性とマッチングすることに成功したけれどその先が進展しない。うまくデートの約束を取り付けるためのポイントを5つにわけて解説していきます。

 

①的外れな質問は絶対にダメ
②コミュニケーションの大切さ
③空気を読んだ会話(NGワード)
④興奮しないで冷静に会話する
⑤男らしさと強引さは別モノ

 

 

①的外れな質問は絶対にダメ

 

女性だけに限らず、人とのやり取りや会話が得意ではない方に多いのですが、「的外れな質問が多い」ということです。

 

どういう事かというと、今回のように出会い系アプリで知り合った女性にデートの約束を取り付けるという場面で解説します。

 

お酒は飲みますか?休みの日はどんなコトをされています?趣味は何ですか?

 

このような質問に女性は普通に答えてくれています。しかし、その後その女性からの連絡は一度もありませんでした…ってことありません?おそらく女性の本心はこうです。

 

 

(あのぅ~その質問はすべてプロフィールに書かれていることなんですけど…なんかテキトーそうな人って感じがするなぁ。)

 

こういう出会い系アプリなどでありがちな失敗です。あらかじめプロフィールには女性の基本情報は記載されています。それをしっかり読んで会話に活かさないのは、はっきり言うと失礼になります。

 

女性側もわざわざ同じコトを繰り返し説明するのは、ストレスやフラストレーションが溜まります。

 

出会う前からこんなじゃ先が思いやられるな…となってしまいます。男性は女性に質問をする時は、事前に得た情報を活用して1歩も2歩も先を見越したメッセージを送るといいですね。

 

私が女性に送るとしたらこんな感じです↓

「映画がお好きだって知りました。いま流行の〇〇は笑って泣けて最後には感動するみたいですよ、今度一緒にどうですか?〇〇映画館の近くにあるオシャレなイタリアンも気になりますしねっ!」

「カラオケもよく行かれるんですね。歌う前に飲むとノドに良いって言われてるお酒知ってます?お食事の後にカラオケに行って試してみません?」

 

 

 

②コミュニケーションの大切さ

 

これも出会い系アプリなどでよくあることなんですが、「一方通行のコミュニケーションで会話になっていない。」というもの。

 

メッセージでやり取りをする上で「質問」をすることは多いと思います。しかし、その質問に対しての返し方が重要なポイントになります。

 

こんばんは~今って大丈夫ですか?何かしてました?

いや、暇だったのでお料理してましたよ。

そうなんですね、なに作ってたんですか?

パスタです!

何パスタですか?いつも作るんですか?アルデンテ派ですか?インスタとかにアップしてるんですか?フォロワー何人ですか?

 

お分かりになりましたか?これって「尋問」ですよね、会話ではありません。でも残念なコトにけっこうこのパターンの男性が多いのも事実なんです。

 

こういう男性にかぎって、「質問ばっかりですね」って言われると、「〇〇さんもなにか聞きたいコトがあったら遠慮なく言ってもらって大丈夫ですよ」となります。そういうことじゃね~し!

 

会話って相手とのやり取りが交差することですよね、「会話を交わす」って言うじゃないですか、でもこれじゃ「質問×答え」だけのやり取りになってしまっています。

 

女性の回答にすぐさま「質問」で返す、その返しにも「質問」で返す。まさに取り調べのような光景になっちゃいます。

 

「へえ~、パスタ作ってるんですね。僕もこの前に家で挑戦してみたけどパスタの麺が固すぎてお腹こわしちゃったよ!こんど一緒につくろうよ~ちなみにトマトパスタが大好きです!」

 

こんな感じで「会話を広げる」ということが関係を盛り上げるためには必要なことなんです。ちなみにトマトなどの赤い色は「情熱」「興奮」「気分アップ」などの色彩効果があるみたいですよ、試してみてくださいね!

 

③空気を読んだ会話(NGワード)

 

出会い系アプリでマッチングしただけで、まだ一度も会ってない女性に対して絶対にしてはいけない会話があります。それは「個人情報」を聞くです。

 

アプリなどによっては位置情報がわかるサービスがあって、気持ちは分からなくはないのですが、やってしまいがちな失敗例。

 

「マジでっ!○kmってすごく近いですね!どこら辺に住んでるの?」

 

女性からしたら「恐怖」でしかありません。一人暮らしの女性ならなおさらです、言ってる本人はもちろん怖がらせるつもりはないのかもしれませんが絶対にダメダメですよ。

 

もし私がどうしても女性の住まいを探りたい時は自分の住んでいる所を言ってから、相手の反応を見ます。あるていどの予測でしかない上にかなり高度な察知能力が必要なのであまりオススメはできません。(正直、私もあまり当たったことがありません…)

 

その他のNGワードです。

・本名
・仕事
・体重
・下ネタ
・経験人数
・本人画像の要求

 

これらはタイミングやノリでオッケーな場合もありますが、ひとまず我慢しておきましょう。

 

 

④興奮しないで冷静に会話する

 

出会い系アプリでマッチングして1通目に送るメッセージでけっこう多いダメ・メールはこれです。

 

「はじめまして!どうぞよろしくお願いします!私は〇〇才の会社員で、〇〇あたりに住んでいます。休みの日はいつも野球観戦に行ったり、新規の居酒屋さんを探すのが趣味です。優しくてちょこっと天然?な女性がタイプです(笑)」

 

どうでしょう、だんだんとダメなメッセージが分かるようになってきましたか?まずダメなポイントを箇条書きにしてみます。

 

・自分のことばっかり
・プロフィールに書いてない?
・相手への気遣いがゼロ
・2人にとって具体的な内容

 

まず落ち着いてください、舞い上がってしまうと「自分のコト」を分かってもらおうという思考に走ってしまいます。その結果、相手に入るスキを与えず呆れられてしまいます。

 

あと、さきほど言った事と被るのですが「プロフィールに書いてある情報を言う必要はありません」。女性のほうも当然プロフィールを見ているわけで、「それ知ってるから~」となっちゃいます。

 

これから2人が仲良くなるためのメッセージなわけですから、ちゃんと相手女性への気遣いも大事です。

 

「女性のココが気に入った」、「こういうところがスキ」だと褒めたり、具体的な内容を入れていったほうが親密さがグッと縮まります。

 

出会い系アプリでマッチングして初期段階に送るメッセージでは、自分語りの「自己紹介文」にならないように注意しましょう。そして女性への気遣いも忘れず、仲を深めるような内容にしていきます。

 

⑤男らしさと強引さは別モノ

 

ほんとうにこういう男性はモテないんだろうなぁ~と思います。「男らしさと強引さを勘違いしている」という人です。

 

どういうお酒やお店が好きですか?

あっ私、お酒は得意じゃないんですぅ…(プロフにも書いてたしっ)

そうなんだ、少しくらいなら飲めるの?飲んだらどうなるの?一滴もダメなの?少し試してみない?

 

「少々強引でも楽しませてあげれば問題ナシ」って究極の勘違い野郎ですよね。いやいや、大前提として「お酒は嫌い」って言ってるのにそこからアプローチしているようじゃ先はありません。

 

2人で時間をかけてお酒の美味しさや楽しさを知ってもらうならわかりますが、いきなり「酒、酒、酒~」ってなると「そんなに酔わせたいの、ただのヤリモクなんじゃね?」と疑われておしまいです。ヤリモクであってもそれじゃ、何も始まりません。

 

何度も言いますが、男性は女性を楽しませてあげるのが仕事なんです。

 

男性が女性を楽しませて、女性の気分が上がりハッピーになる。それを見て感じた男性が幸せな気分になって初めて2人が楽しく過ごせるというわけなんです。

 

勘違いしないで、「男らしく」は普段から「強引」なのはベッドの上だけにしておいてくださいね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました